今週のランチほか

★ご予約方法が変わりました★
ランチ、ディナーともにご予約は前月の20日朝9:30から翌月1ヶ月分ご予約いただけるようになりました。
例:1月10日のご予約は12月20日から承ることができます。なお20日が定休日の場合は翌営業日から承ります。ディナーのご宴会や貸切に関してはそれ以前からのご予約が可能です。ご不明な点がございましたらお問い合わせください。
ご予約やお問い合わせは営業時間以外にお願いいたします。

 

★ディナーメニューが変わりました★
ご予約方法の変更に伴い、12月1日よりディナーメニューのスタイルも変更させて頂きます。
ランチメニューと同じようにA~Cのセットをご用意し、お好きなメインディッシュや前菜、デザートなどをお選びいただけるスタイルになります。
今まで以上にお客様に喜んでいただけるように変更させていただきます。
今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

★12月の第2第3週と年末はご宴会のご予約や貸切が多くなっております。お席のご予約はお早めにどうぞ。

 

★クリスマスディナーの空席状況
12月23日(土):満席
12月24日(日):満席
12月25日(月):円卓1席(3名様までご利用可)
上記の通りとなっております。ご予約はお早めにどうぞ。
クリスマスオードブルとローストチキンのご予約は12月20日まで受け付けております。


★日替ランチ(数量限定)
12/11(月)サイコロステーキ¥1200
12/12(火)海老とカジキマグロのスパイス焼き¥1200
12/13(水)オムハヤシ¥1100
12/14(木)高座豚の煮込み¥1200
12/15(金)ロコモコ¥1100


★定番ランチメニュー
Aランチ:¥1080 メインディッシュが選べます
Bランチ:¥1550 メインディッシュ+前菜またはデザートが選べます
Cランチ:¥1980 前菜+メインディッシュ+デザート+スペシャルドリンクが選べます
全て日替スープ、ライス(パン)、コーヒー、紅茶、アイスウーロン茶付
それぞれ下記からお好きなものをお選びください。

<メインディッシュ> 
★ポテトコロッケ 
★クリーミービーフコロッケ
★ダブルコロッケ(クリーミービーフコロッケ&ポテトコロッケ)
★豚ヒレカツ 
★天使のエビフライ+¥320
★カキフライ+¥220
★ナポリタン(ライス・パン無し・麺の大盛り無料)
★高座豚のソテージンジャーソース +¥520 
★ビフカツ +¥1200
★ミックスフライ(豚ヒレカツ、エビフライ、クリーミービーフコロッケ、ポテトコロッケ)+¥420

■仕入れの都合上、エビフライのエビがカウアイシュリンプから天使の海老に変わります。そのためお値段も変わりました。ご了承ください。

 

<前菜> 仕入れの都合で変わる場合もございます。
★野菜プレート(町田産野菜『まちベジ』の里芋のテリーヌと柿のサラダ)
★お肉プレート(豚肉のリエット)

 

<デザート>
プリン、ブリュレ、アイスなどその日のデザート

 

<選べるドリンク> A〜Cランチの方も+¥100で変更できます
★カプチーノ ★たっぷりコーヒー ★ポット紅茶 ★ポット登頂烏龍茶
★エスプレッソ ★アイスカフェオレ ★カフェオレ ★ハス茶
★ハーブティ(ローズヒップ・ハイビスカス・ブラックベリーリーフのmix)★オレンジジュース★リンゴジュース

★キッズプレート 各¥800(日替りスープ、ライス、ジュース付)
・クリーミービーフコロッケ
・エビフライ
・クリーミービーフコロッケ&エビフライ

 

 

 

====================================
ディナーメニュー
●A set
下記のメインディッシュ1品+日替りスープ+ライスまたはパン+グラスワインまたは生ビール(小)または食後のコーヒーまたは紅茶 ¥2160

●B set
下記のメインディッシュ1品+前菜1品またはデザート1品+日替りスープ+ライスまたはパン+グラスワインまたは生ビール(小)または食後のコーヒーまたは紅茶 ¥2600

●C set
グラスワインまたは生ビール(小)または食前のソフトドリンク+前菜1品+下記のメインディッシュ1品+日替りスープ+ライスまたはパン+デザート1品+選べる食後のドリンク ¥3600

★メインディッシュ(C setの方はプラス料金がかかりません)
牛ヒレハンバーグ
高座豚のソテー・きのこのデミグラスソース
高座豚のソテージンジャーソース
鶏肉のマスタードパン粉焼き(コールスロー付)
その日の魚料理
イベリコベジョータのソテー・柚子胡椒ソース (AまたはB Setの方は+¥300 )
航旅莉屋スペシャルミックス (牛ヒレハンバーグ&クリーミービーフコロッケ) (AまたはB Setの方は+¥300 )
タンシチュー (AまたはB Setの方は+¥500 )
ビーフシチュー
ビーフカツ (AまたはB Setの方は+¥500 )
天使の海老フライ
日替りシーフードフライ
クリーミービーフコロッケ(コールスロー付)
メンチカツ
カキフライ(冬季限定)
シーフードマカロニグラタン(少々お時間かかります)
牛テールのハヤシライス(コールスロー付)
スパコロミックス(コールスローと目玉焼き乗せナポリタンとクリーミービーフコロッケとポテトコロッケ/麺の大盛り無料)

■前菜
その日のちょっと盛り
シーザーサラダ
きゅうりとパクチーのサラダ
岩下の新生姜とピータンのアジア風サラダ
野菜の盛り合わせ
ローストチキン入りポテトサラダ
生牡蠣1P
高座豚の自家製ハム
牡蠣のアヒージョ
あん肝テリーヌ
肉のテリーヌと白レバペースト
などその日のよって変わる場合があります。

■デザート
プリン、パイ、ブリュレ、アイスなどその日のデザート数種類ご用意しています。

====================================


★ディナーキッズプレート 各¥800(日替りスープ、ライス、ジュース付)
・クリーミービーフコロッケ
・エビフライ
・クリーミービーフコロッケ&エビフライ
・キッズナポリタン (ライス無し)

 

 

★ご予約について。
しばらくの間、ランチ、ディナーともにご予約は前月の20日朝9:30から翌月1ヶ月分を承ります。(毎朝9:30から承ります。)
例:1月10日のご予約は12月20日から承ります。20日が定休日の場合は翌営業日から承ります。ご宴会は貸切に関してはそれ以前からのご予約が可能です。ご不明な点がございましたらお問い合わせください。
お車でご来店の方は合計金額2160円以上でコインパーキング1時間分のサービスをさせていただいております。お会計の前にお申し出ください。

 

★小さなお子様をお連れのお客様にお願い。
周りのお客様とともに楽しくお食事していただけるようにご配慮いただければ嬉しいです。
平日のランチ、12時前後はお仕事されている方が多く来店されるため店内は慌しい状況でございます。未就学児のお子様連れの方は13時以降のご来店のご協力をお願いいたします。
なお、混雑時にお子様がお席をご利用になる場合、お一人につきワンオーダーお願いしております。店内が狭いためほかのお客様とのトラブル回避のためベビーカーはご利用いただけません。予めご了承ください。
なお、ファミリーデーの日はベビーカーのご利用もOKです。

 

★車いすをご利用の方は13時からのご予約を承ります。
ご予約の際に車いすを利用とお伝えください。


中央アジア遠征 タシケント編1

 

 

ウズベキスタン共和国、タシケント!

 

自分が今まで旅した街で一番小うるさい街でした。

まず、空港、駅、鉄道など撮影禁止!自分が乗ったウズベキスタン航空の機内も禁止!

地下鉄も乗るたびに保安検査!パスポートも持って歩かないとダメ!

何もそんなにって?ぐらい街にはお巡りさんたくさんいるし!

 

 

 

 

 

 

 

 

タシケントの空港に着くと、感じの悪いイミグレ、感じの悪い税関検査、申請はカメラやiPhoneはもちろん、

所持金も日本円や、アメリカドルなど、それぞれ、記入しなければならずめんどくさいです。

しかも申請用紙、小さい文字で何書いてあるかわからないし、同じの2枚書かないといけないし!

 

 

 

 

 

そんなんで、なんとか税関抜けて出口に出てくると、両替所はやってなく、

現地通貨なくタクシー乗れないなと思い、やっぱり感じの悪い職員に聞くと、

10分ぐらいで戻るよと言われたが、全然戻って来なくしばらく待ってました。

 

外を見ると、出口から30mぐらい歩くと空港の敷地の外に出れるのですが、

そこには大勢の人が帰りの人を待っていたり、タクシーの客引きが大勢たむろしていました。

彼らは空港の敷地には一切は入れなく、警備員が目を光らせています。

 

(その光景を写真に撮りたかったですが、警備員や警官がたくさんいます。)

 

このまま行ったらまたカモにされるのがオチです。

でも、ドルと日本円しか持っていないのでどうしようかなと思いましたが、

待っていてもしょうがないので、行ってみることにしました。

 

 

 

 

 

案の定、10mぐらいから手招きやすごい視線を感じ、オヤジたちの自分を狙うのがよくわかりました。

だから、進んだり、戻ったりとくだらないですが、焦らしてやりました。(笑)

 

そんなんですけど、オヤジたちの奪い合いであっけなく捕まり連れて行かれました。

多少怒号というか横にいたじいさんが、そいつは俺の獲物だと言わんばかりに、おやじに食ってかかってました。

 

自分の中で、千円ぐらいなら良いかなと思っていたので、uzsは無いしアメリカドルで10ドルしか持ってないから

これしか払わないと言うと、20ドルと言われ、なら乗らないと言うと、

 

オッケーオッケーというので乗ることにしました。見るからにインチキくさいオヤジなんで、

後からグズグズ言われるの嫌なので、はいよと10ドルさっさと渡しました。

 

この後はいつものくだりで、街案内してやるとか、いつ帰るんだ?とか始まり、、、

めんどくさいから、仕事でミーテイングで来ただけ、明日帰るから迎えに来てと言い、

名刺をもらいその場をやり過ごしました。

 

もちろん電話なんかしませんけどね!

 

 

 

 

 

ニコニコで明日、電話待ってるというので、

じゃあまた明日とタクシーを降りました。(笑)

 

 

 

ちなみに、翌日ホテルでタクシー呼んでもらうと、

130000uzs(約13ドル)と聞こえ、やっぱそんなもんなんだと思いましたが、

タクシーのおやじに安くしてよと言いながら、10000uzsを1枚ずつ数えながら渡したら、

40000uzsでおやじがにっこりして、懐にしまい、

ホテルマンが『おっちゃんが30000uzs(約4ドル)だけど、

35000uzsにしてと言ってますよと!』と言われました。

 

自分の語学力の無さと昨日の事を思い出し笑ってしまいました。

 

おやじ曰く、空港のタクシーは『悪い奴ばかり!』と言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

ウズベキスタンホテル、かなり旧ソ連の名残が残っているホテルで、

ただデカイだけで古臭く、自分は上の方の部屋でちょっと不気味で、

テレビもなぜか映らず、バスタブ無し、シャワーも5分ぐらいしないと水が暖かくならなかったです。

 

 

 


 

 

ホテルでチェックインすると、レギストラーツィアという滞在登録をしなければいけません、

この紙切れを書いてもらうのに、2時間待ってくれと言われました。

要はその間は、外にあまり出れないし、警官に捕まった時無いとめんどくさいみたいで、、、

街中では、ありませんでしたが地下鉄に乗るときは保安検査でパスポート見せろと言われたし、

これもチェックされました。

 

 

 

 

 

地下鉄がめんどくさいですよ!

 

地下鉄は、まず駅の階段のところに警官がいて、荷物チェックされたりされなかったりで、

その後、窓口でお金を払いプラスチックのコインをもらい、

構内に入っていくのですが、その前に3人ぐらいの警官がいて、荷物をチェックします。

それがまた、たいがい頭の悪そうな警官で、自分が外国人とわかると決まって『ニーハオ!』というので、

 

 NO、ニーハオ!コンニチワダヨ、コノタコ!と言い返してやります!(笑)

あと、日本人とわかると、ナカタ、ナカタというし、

 

 

 

 

 

 

結構、しつこい奴もいてパスポートもしつこく調べたり、なんの仕事してんだ?とか色々聞かれ、

会社員でーす!と答えましたが!

 

 

 

 

 

 

地下鉄は、豪華な造りという人もいますが、銀座線をさらに古くした感じで、車内も駅も薄暗く、

電車も古く、ガタゴトうるさいです。

よくニュースでみる北朝鮮の平壌の地下鉄みたいでした。

ホームにも警官が目を光らせていて、よく日本人の若い子の旅行記とかを見ると、

隠し撮りしている人もいますが、自分はいい歳なのでやめときました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョルスーバザールに行きたくて、駅のホームでどっちの電車に乗っていいのかと聞くと、

乗り換えも含めチョルスの駅まで案内してくれました。

この国の住人はすごく親切なんですが!

 

 

 

 

 

ただ、なんでこの街は警官がたくさんいて、外国人を見るとチェックがうるさいんだと?

聞くと、しょうがないんだ、我慢してみたいなこと言われました。

まあ、テロを警戒してるのはわかるんですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルマトイもそうですが、肉の売り場が充実していて、牛、豚、羊、馬と売り場が分かれていて、

たくさん店が出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャシリクのニオイが!

 

 

 

 

 

おやじに食べたいと言うと、

 

 

 

 

おばちゃんが来て、『3本でナンとチャイでいいね!』と言われ頼みました。

 

 

]

 

 

 

 

 

鶏のつくねのシャシリクでおいしかったです。

人の顔ぐらいあるナンも!

ビール飲みたかったですが、こっちに来て紅茶がよく出てくるので紅茶で食べてもおいしかったです。

ウズベキスタン、食事うまいです!

もっと食べたかったですが、次があるのでやめときました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩御飯はまたシャシリクが食べたくて、webで調べた地元の人が行くシャシリクno1と言う店

に行くことにしました。

グーグルマップで調べて、スクリーンショットして、どうやら地下鉄のmilliy bogという駅で降りて

1kmぐらいのところにあるらしいんですが、、、

 


 

 

駅で、やっぱり英語表記がないので、若い兄さんに、milliy bogはどっちの電車と聞くと?

教えてくれて、ありがとうと答えると、milliy bogに何しに行くんだ?と聞かれ?

シャシリクno1って店に行きたい、スクリーンショットを見せると!

またしても、ついておいでと!

彼、見るからに20代半ばぐらいで、小さい子を連れていて子供?と聞くと、兄弟と言いました。

milliy bog駅でなんか悪いから、もういいからというと、問題ないからと店まで案内すると!

 

結構、店までの道があり、薄暗く、なんだか親切なんだか、騙されてんだか色々考えましたが、

彼どうやら資生堂関連の仕事をしているらしく、日本人から英語を習ったって言ってましたが、

自分はあんまり理解できませんでした、、、

 

一応、朝仕入れの時に車の中で、某有名プロゴルファー愛用の聞くだけで良いってやつで英語勉強してるんですが、、、

ダメですね!

 

なんで、シャシリクno1なのと聞かれたので、

自分は、小さい店だけどレストランオーナーで、オーナーシェフなんだといい、

タシケントで一番美味いと聞いたんだと答えました。

 

 

 

 

しばらくすると、シャシリクの匂いがするよと彼が言い、

帰りは、一人で大丈夫だよねと聞かれ、大丈夫だよと答えると、

ここだからと帰ろうとするので、

弟にキャンデーでも買ってと、少しばかりのお金を渡しました。

要らないと言ったので、弟のポケットにねじ込みました。

 



 

 

ちょっと、疑って悪かったなあという気持ちと、本当は3人でシャシリク食べたかったけど、

自分が英語ができないので、間が持たないなあとやめときました。

 

あと、名刺を渡してうちの店をチェックしてと別れました。

 

 

 

 

 

 

 

言葉が通じないので、指差してこれとこれとこれでと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉がわからなくても、具材はわかります!

手羽先と手羽元に、うずら、ラム、牛レバ、サーモン、どれも美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、レバと脂身の串が!

脂身もプリッとして美味いです。

クミンと山椒のような香りがしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この旅で一番の店です。

あの兄弟のお蔭でいい店に行けました。

 

 

 

 

 

 

中央アジア遠征 タシケント編1 終わり

 

 

最近、早く更新しろとか、次はどこ行くんだ?とか、

xmasはこっちの料理やるんですか?とか言われたり、、、

 

 

 

もう忙しくなってきたし、ネタバレするのでxmas終わるまでしばらくやめときます!(笑)

 

 

 

 

 

 


中央アジア遠征 アルマトイ編2

 

 

昼食後も街をふらふらと、、、

 

 

 

 

電車の写真でも撮ろうかと駅に行きましたが、

保安検査しないと構内には入れないっぽいのでやめときました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の中あてもなくふらふら歩いていたら、バザールがあったので行ってみたら!

 

 

 

 

 

完全に迷子状態になってしまいました。

 

 

 

 

地図に出ている場所でもないので、そこいらのおっちゃんにホテルの場所を聞くと?

ロシア語で、『あっち行ってそこ曲がってあっちだよ!』みたいなこと言われて、

そうしたら、余計わからなくなりました。(汗)

 

 

 

 

 

 

参ったなあと思い、今度は20代ぐらいの兄さんにに聞くと、

ロシア語はと聞かれ?できないと言い、ならばタクシーは?と言われ!

歩きたいからと、(嫌な思いがあるから断ると、)ならば連れて行ってくれると言われました。

彼もあまり英語が出来ないみたいで、(←自分よりはできる!)

彼のスマホのアプリでロシア語から英語に翻訳しての会話になりました。

 

 

 

 

 

 

アルマトイやタシケントで道聞くと親切な人が多かったです。

地下鉄でもどっちの電車乗ればいいのと尋ねると、必ず親切な答えしか返って来ないし、

駅で降りるまで見守ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼としばらく歩いていたら地下鉄の駅があったので、

ここからなら自分で帰れると別れて戻りました。

 

結局2時間ぐらい雨の中歩いてました。

 

 

 

 

 

 

夜も、人気のグルジア料理店を探すも場所はだいたいあってる感じなんですが、

1時間ぐらい歩いてもわからず結局ホテルのそばで食事!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出て来たもの、美味しかったけど肉が違うだけで昼とほぼほぼ同じ!

疲れから食欲もないし、ここの店アルコールないし!

 

事前の下調べのなさと情報の少なさにやられました。

 

 

 

 

 

一杯飲みに行こうかと思いましたけど、疲れたのとめんどくさいので、

スーパーでビール買って飲んで寝ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルマトイの街、正直退屈でした。

もっと色々調べてくればと後悔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の向こうはキルギス!

 

 

 

 

 

アルマトイ空港

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の景色が見たいから、窓側にしてと頼むも!

通路側しか空いてないと、、、

あとでちらっと景色見えたけどやっぱりすごく綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タシケントへ!

 

 

 

 

 

 

 

カザフスタン、そうそう来る国ではないだけにちょっと残念な感じでこの国を離れました。

 

KC127  ALA-TAS

 

 

 

中央アジア遠征 アルマトイ編2  終わり

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM